男性型脱毛症

ポリピュアEXには、男性ホルモンの抑制作用はあるのでしょうか?

ポリピュアEXに興味を持っている人の中には、男性型脱毛症で悩んでいる人もいると思います。
いわゆるAGAという症状のことです。

 

で、

 

ポリピュアEXが男性脱毛症に効果があるか、つまり、
ポリピュアEXが男性ホルモンの抑制作用があるかどうかについてご説明します。

 

ポリピュアEXに含まれる成分によく注目してみて下さい。
以前のポリピュアEXには含まれていなかったのですが、
リニューアルされたポリピュアEXには、ヒオウギ抽出液
という成分が含まれています。

 

この成分は、5αリアクターゼの還元作用を抑える効果があります。
5αリアクターゼ酵素の還元作用を抑えることで男性ホルモンの
主成分であるテストステロンがジヒドロテストステロンに
変化するのを抑える作用があるのです。

 

AGA、男性型脱毛症による薄毛で悩んでいる人も多いと思いますが、
男性ホルモンによる薄毛というのは、活性型男性ホルモンである
ジヒドロテストステロンという物質が原因です。

 

 

男性ホルモンのもともとの成分は、テストステロンという成分ですが
この成分が5αリアクターゼという酵素の還元作用によって、
ジヒドロテストステロンへと変化するのです。

 

このジヒドロテストステロンが脱毛作用を働くことで、
男性型脱毛症は進行していくのです。

 

ポリピュアEXには、このジヒドロテストステロンの発生を抑える
効果があります。

 

ですが、

 

ポリピュアEXはあくまでも外用薬です。
男性ホルモンの抑制作用というと、プロペシアを連想する人がいますよね。

 

プロペシアは内服薬。
しかも医薬品なので、男性ホルモンの抑制作用という意味ではかなり強力です。

 

一方のポリピュアEXは外用薬です。
頭皮の上から塗布する育毛剤です。

 

医薬品である内服薬であるプロペシアを服用するのと、
外用薬でなおかつ医薬部外品のポリピュアを頭皮の上から塗布するのでは、
圧倒的にプロペシアのほうが高い効果があります。

 

プロペシアのような強力な効果かないですが、ポリピュアEXには
一応男性ホルモンの抑制効果もあると考えてください。